読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抗議一切受け付けません

お笑い・アイドル・格闘技など雑多なことを好きなように書いていくだけのブログです。

【ライブ参加記録】アンジュルム スターティング・ライブツアー 2015 スプリング 札幌ペニーレーン24

5月4日に札幌ペニーレーン24というライブハウスで行われた『アンジュルム スターティング・ライブツアー 2015 スプリング』の夜公演に行ってきました!

 

コンサート&イベント|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

 

メンバーのツイートなどを中心にレポのようなものを書いて記録していきたいと思います。

 (一部楽曲のネタバレがあるかもしれないことはお断りしておきます)

 

 

 

むろたんは『大器晩成』のリリース時のインストアイベントで来てくれているので、あいあいとりかこちゃんはアンジュルムとして北海道に来るのはハロコン以来2回目かな?楽しみにしてくれているようでよかったです。

 

 

むろたんの「元気になる薬」っていうのがTLで少し話題になってましたw

この表現だとやっぱり、ちょっと危険な薬が想像されるからかな?w

ハッシュタグの「#元気の薬」というのも、今まで誰も使ったことがなかったようで、むろたんが初めてTwitterで使ったことになるようです。

「#元気の薬」ってハッシュタグ使う状況って、あんまり想像出来ないもんなw

 

ライブ後の握手会で「元気になる薬」って何かよく聞かれたようで、

正解はブログに書いてくれています。

 

 

今日言った「元気になる薬」みんなになにー?って聞かれるんですけど、
QBコーワゴールドアルファっていうのです!
ビタミンBが入ってるって言ってました!!♥️♥️

 

ということでしたw

 

 

あやちゃはお父さんとボードに行ったばかりなので、北海道なら雪が残っていると思ったそうですが、さすがにこの時期は札幌も小樽も雪は市街地に雪は残ってないですw

 

 

長野だって言ってたかな?写真見た時、こんな雪あるの!って驚いたのを覚えてます。

 

 

 

ライブ前に貼ってくれた写真ですが、あやちょのは冬なのでスマイルチャージのツアーの時だと思いますが、めいめいのは格好からする夏のようなので、ハロコンかインストアイベントで来た時のかな?

以前に北海道に来た時の写真がちゃんと残っているのが道民として嬉しいです。

 

 

夜の部のライブの最後のMCの時に、むろたんが「元気になる薬が効いてふわふわしていた」と言っていたので、ブログを書いてくれる前だったので、自分の中で危険な薬疑惑が少し再燃しましたw

 

 

札幌は夜の部に参加しました。

昼の部のライブ中に現地に到着したので、あやちょとまろの日替わり写真とまろのタオルを買いました。

 

f:id:nepandbudo:20150506120814j:plain

 

この日は雨が降ったり止んだりで、入場前に駐車場のスペースで整列して待つことになるのと、ファンクラブの先行販売でチケットを取らなかったので一般発売でチケットを買ったので、番号がクソ番(あまりこの言い方は好きではないですが)だったので、開場ちょっと前ぐらいに行きました。

結果、最後から5人目ぐらいで入場したので、紛うことなきクソ番でしたw

ライブハウスなので、一番後ろからでもメンバーの表情が見えるし、ライブを楽しむ上では何の問題もなかったですが。

 

 

感想を箇条書きで書いていきます。

 

  • ライブハウスで見る『大器晩成』はやっぱり凄かった!

アンジュルムになってから初めてのツアーなので、当然『大器晩成』と『乙女の逆襲』

は歌ってくれます。

 

(『大器晩成』は好きすぎて以前にそのことで記事を書いたことがあるので、お時間がある方は気が向いたら読んでみてください)

nepandbudo.hatenablog.com

 

何度見ても圧倒的な高揚感と多幸感がある楽曲とパフォーマンスで、ライブハウス規模でこの曲を見れたのは、後々自分にとって大きな財産になりそうです。

この曲に限らずですが、現在のアンジュルムは増員でメンバーが増えたこともありますが、パフォーマンスが圧倒的だったので、ライブハウスでは狭すぎる何度か感じたので、ホールコンのツアーで来てくれるのも待っています!

 

  • ライブがとにかく楽しい!

スマイレージ時代から楽曲が一番バラエティに富んでいるグループじゃないか?と個人的には思っていて、好みでいえば現在のハロプロのグループの中ではスマイレージ時代から引き続きアンジュルムの楽曲が一番好きです。

スマイレージ時代から北海道でライブハウスでのライブで感じているのが、後方で遠征に来てくれるヲタの人のおかげでコールを覚えられたり、前の方の人を見て振りを見て覚えたり出来るので、参加する回数が多ければ多いほどライブが楽しくなります!

ハロプロのどのグループもそういう傾向はありますが、特にアンジュルムはそれが顕著にあると感じています。

 

 

札幌のハロコンで初めて『ちょいカワ番長』を見た時のツイートです。

この後、北海道在住ということもありスマイレージ・アンジュルムに特別な思い入れを持つことになっていきますが、この時と同じような気持ちは今も抱くことがあります。

Berryz工房が活動休止して、地方民でも盛り上がれる『cha cha SING』が歌われることがもうないかもしれないので、まろの煽りが凄いので、誰でもすぐに盛り上がれるので『ちょいカワ番長』を毎回ハロコンで歌ってくれないかと思ったりしています。

 

  • MCが面白い!

今回のツアーは全体的にMCは少ないのですが、その分最初の挨拶と最後の挨拶、メンバーのソロMCと限られている分、正直今まで見てきたアイドルのライブでグダってはいるけど好きなアイドルなのでニコニコ微笑ましく見ているというのとは違う面白さがありました。

特に札幌の夜の部でMCをした、りなぷ~の立板に水のようなトークが最後まで淀みがなくて圧巻でした!

今まで3期メンバーがソロMCをやっていたのを見て「鼻で笑ってたんですけど」と、思っていてもアイドルがMCで口にしそうにないことを平気で言えることと、それが許されるキャラクターになっているりなぷ~が素晴らしい!

実際に見てもらわないとわからない部分ではありますが、今までアイドルのソロのMCでここまで感心したことはありませんでした。

そんなりなぷ~は「よくみんなから省エネ、省エネって言われるんですけど、そんなことないんで、武道館見ててください」と言っていたので超期待しています!

3期メンバーが加入してからよく思うのですが、むろたんのキレキレのダンスや、りかこちゃんの生き急いでるの?と思ってしまうような、ある意味過剰とも思えるようなダンスなどのパフォーマンスで、他のメンバーのパフォーマンスの熱もが上がってきているように思えていて、この日のりなぷ~を省エネだとは一度も思いませんでした。

 

ライブ後の握手会でのことです。 

 

 

何て返すのが正解だったのかライブ後も考えていました。

近藤マーチは近藤雅彦、近藤マッチのことだと思うけど、近藤マーチと言っていた。マッチではなくてマーチと言っていたのは言い間違いか?マッチはマーチのCMをやっていたことがあった!

でたどり着いた結論が、

 

 

「街にマーチがやって来た」と答えるのが正解だったのでは?と思いましたが、いったい自分は何考えてんだ?ってバカバカしくなりましたw

 

 

かななんとは以前にインストアイベントの時にもこういうやり取りがあったので、上手く答えたかったですが自分には無理そうですw

 

 ライブ後のメンバーのツイートです。

 

 

ライブ中に「北海道の雪はどうなの?」と聞いていましたが、北海道の雪はパウダースノーと言われるサラサラした雪なので、スキーやスノーボードに最適なので是非遊びに来てください!

  

 

よく北海道でライブがあると「外は寒いのに中は熱い!」とMCで言われることがありますが、この日のペニーレーン24は比喩ではなく気温が高く異常に暑かったですw

 

 

ここでもスマイルチャージで来てくれた時の写真を使ってくれているので、北海道を好きでいてくれるんだなと伝わってくるのが嬉しいです。

 

 

「可愛い!」以外の言葉が出てこないなw

 

 

最後のMCでも、あいあいは「今日はザンギを食べまーす!」と言っていました。

ザンギは北海道の鶏肉の唐揚げで、あいあいは唐揚げが好きなので、フォロワーの方が以前からあいあいにザンギを食べてということは言っていたようで、「ザンキ!!!」って嬉しそうに書いてくれているだけで僕もテンションが上りましたw

 

 

スマレイレージ時代にイベントで来てくれた時などに、イベントでの様子やTwitterやブログなどを見る限り、イベントだけでなく、テレビ・ラジオ出演、取材、CDショップへのあいさつ回りなどで、北海道の美味しいご飯を食べた様子があまりなく日帰りで帰っていくことをとても残念に思っていたので、「ご飯美味しかった」と言ってくれとが本当に嬉しいです。

 

 札幌公演後のメンバーのブログです。

 

とにかく楽しいライブでした!

メンバーが美味しいものを食べて英気を養って、

北海道を楽しんでくれたなら道民として本当に嬉しいです。

 

翌日の小樽GOLDSTONEのライブにも参加しいるので、

小樽は僕の地元なので、また別の記事で書きたいと思います。

 

雑な感想レポになりましたが、

ここまで読んでいただけたなら本当にありがとうございました。