抗議一切受け付けません

お笑い・アイドル・格闘技など雑多なことを好きなように書いていくだけのブログです。

芸人が語るおぎやはぎの漫才

『ゴッドタン』の最新回「お笑いを思う存分語れるBAR2」で語られていたおぎやはぎの漫才の話の内容を以前に関西ローカルの『笑いのジョブズ』という番組でも聞いたことがあったので、両番組の該当部分を書き起こしてみました。

 

『ゴッドタン』

 「このM−1で飲める」

 

小沢「俺本当に、M−1で歴史に残る漫才と思ってるのはぁ、2005年のブラマヨ、2006年のチュートリアル、2001のおぎやはぎだと思っててぇ」

 

矢作「ふっふっふ(笑)」

 

小沢「違う!本当!おぎやはぎの漫才、50点っていうの出したけどぉ、今見ても面白いのは、やっぱ、おぎやはぎだから!おぎやはぎの漫才だけなの!全く話が進まないの」

 

矢作「はっはっははっ(笑)」

 

小沢「全く話が進まない漫才って、たぶん、今見た方が面白いと思う」

 

  

ひとり「濱家さんどうですか?好きな?」

 

濱家「うわ!すげぇな!と思ったのは、やっぱ笑い飯さんでぇ」

 

飯塚「はぁー!」

 

濱家「で、まぁ、ダブルボケっていうのがすごいって、見た目はそうじゃですか。でも、一番なんか思ったんはぁ、それまでの漫才ってぇ、こう設定決めて、展開つけて、起承転結で最後オチっていう形やったんですけど、笑い飯さんってぇ、まぁ、1つの細かいとこでぇ、そこだけで遊んで4分間終わらすみたいなぁ、奈良県立民族歴史博物館行って、ここの人形があって、この人形があってん、っていうところで、2分ちょい使って、あと質問とこで2分ちょいって、ボケる要素2ヶ所しかないところでぇ、展開して世界見せたっていうのが、僕はなんか、すごい印象的でしたねぇ」

 

小沢「ただ、笑い飯悪く言うわけじゃないけどぉ、ボケる要素2個しかなくてやったのは、おぎやはぎが最初!」

 

矢作「ふーぅはははっ(笑)」

 

飯塚「すげぇ、おぎやはぎに戻すのね?」

 

小沢「2001のおぎやはぎ、マジでぇ!2ブロックしかないの!」

 

飯塚「めちゃめちゃ好きじゃん!おぎやはぎ

 

 

『笑いのジョブズ

 

哲夫「漫才自体もなんか、関西弁でやるべきやみたいな風潮がまだ残ってたんですよね、ただ、僕は、ちょうどその、前のコンビの相方がやめた時に相方探しの旅みたいのに東京に行ってたんです。で、東京行った時に、まだそんな出てきてはらへん、おぎやはぎさんを見て、やっばい漫才してる!って思って。芸人が芸人のネタを見に行って、笑わないじゃないですか?こらえようとするじゃないですか?でも、こらえられずに笑うてしもたんですよ。こらヤバイな!思うて、その時ライバルやった西田くんとぉ、『ちょっと、漫才いっぺんやってみいひん?』って言ってコンビ組んだ」」

 

東野「おぎやはぎのあの漫才見てなかったら、笑い飯なかったかもわからんしぃ」

 

哲夫「かもわかんない」

 

東野「その、おぎやはぎに、漫才LOVEっていうのがあんまりないのも、後で気づくんやぁ」

 

哲夫「後で気づいてぇ」

 

竹山「全然ないよ!全然ないあの2人!」

 

哲夫「その話を、ちょいちょいテレビとかでやらしてもうたらぁ、おぎやはぎさんが『あの話恥ずかしいからやめてくんないか?』って」

 

博士「今やってりゃいいけど、あんまりやんないもんねぇ」

 

哲夫「僕はほんまに、おぎやはぎさんっていうのってぇ、勝手にライバルというかぁ、Mー1でぇ、2002年の時に、おぎやはぎさんが決勝行かはって、そいで僕らも、決勝行けたんですよ。行ってぇ、ほいで、おぎやはぎさんが4位ならはってぇ、僕らが3位なれたんですよ!1個抜けた!って思ってぇ、そん時はめちゃめちゃ嬉しくて」

 

 

『ゴッドタン』

 

矢作「だから、1回目の時かな、笑い飯と飲んだことがあってさ、その時に、見にきたんだって、東京にね、それで、俺たちのを見てぇ、それで、『参考にして作ったんです』っていうのを、すげぇなんか、言われてぇ、で、2回目ぇ、一緒に出たのよ、速攻俺ら超えてった」

 

ひとり「すごいねでも、本人が言うってすごいね!」

 

矢作「言われたんだ。哲夫にね」

 

濱家「当時から、哲夫さん言ってましたもん、それこそ、『他の芸人見ても、ふーん、って感じやったけど、見た時、うわ!やられた!っていうのを思った』って、哲夫さん言うてました」

 

矢作「で、1年で超えていったの、すぐ」

 

濱家「超えていったは(笑)点数的に」

 

モーニング娘。’17 秋ツアー セットリスト動画

自分で作ろうかと思いましたが、セットリストの再生リストを作ってくれている人がいたので、自習用にリンクを貼るだけです。

 

モーニング娘。'16 わがまま 気のまま 愛のジョーク 01 - YouTube

作った動画 テレキャスター・ストライプ × Juice=Juice

 

本当は同じバンドの別の曲で作っていましたが、びっくりするぐらい動画の雰囲気と歌詞の内容が合ってなかったので曲を差し替えました。

 

この曲も合ってはいないんですがw

 

(元になった動画)

 

www.youtube.com

 

(使った曲)

 

www.youtube.com

アプカミ 弩級のゴーサイン

アプカミで弩級のゴーサインのライブ映像が公開されていたので、そこから再生するように動画を貼るだけです。

 

www.youtube.com

 

こういうことが出来るからブログって便利だよね!

 

こんな記事が多いから300記事近く書いててもアクセス数少ないのかなw

作った動画 夢見るテレビジョン × キラーチューン

 

 

昭和のテレビ創世記のイメージで東京事変の曲を選んだだけなので、舞台の雰囲気に合ってるかどうかは全くわからないですw

 

(元になった動画)

www.youtube.com

 

(使った曲)

www.youtube.com

サンプリングハウス制作過程

ニコニコ動画Ableton LIve購入前から見て参考にしていたDTM講座の動画を作っていた人の新しい動画(といっても3年前のなんですが…)がアップされていたのを最近見つけたので、それを参考にして、ある曲からサンプリングしてトラックを作ってみました。

 

 

いやぁ、簡単にやってるように見えるけど、サンプリングしてループ作って、ドラムを合わせるだけでも、めちゃくちゃ時間かかった!w

 

soundcloud.com

 

サンプリングしたループのピッチ上げるのを忘れていたので、ピッチを4上げたループ

 

soundcloud.com

 

あとは同じ曲から気に入った場所を他にもサンプリングして続けていくことになるんですが、だいぶ時間かかったからとりあえず終わりw

 

 (追記)キックの音がが聞こえにくかったりしたので、ドラムを差し替えて、サンプリングしたループを少し加工しました。

 

soundcloud.com

 

買った本 作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~

宮本佳林ちゃんがDTMを始めてから、佳林ちゃんのブログに出てくるDTM用語やハロプロの楽曲などに絡めてブログの記事を書いてきました。

 

記事を書いていくうちに、自分も少しでも作曲に関する知識がほしいなと思い始めて検索していくうちにこの本を見つけて、kindleで試し読みして即座に購入しました。

 

内容に関してはヤマハのサイトに詳しく書いてありますので興味のある方はそちらを見てください。

 

www.ymm.co.jp

 

「『ダメだ……全然わかんない……』
1週間前に意気揚々とリサイクルショップで買ってきた1万円のキーボードと、その隣に積み上げられたたくさんの作曲の本。
私は、心の奥からこみ上げる”やってしまった感”を覚えながら、
必死に『いや、そんなことはない!』と思い込もうとしていたー―」

 

やってしまった感w

わかりすぎるぐらいわかるw

もうプロローグの時点でグッと掴まれましたw

 

著者の仰木日向さんとイラストのまつだひかりさんの情報を書こうと思いましたが、作曲少女のサイトに書いてある以上のことは何も知らないのでそれぞれのサイトを見てくださいw

 

仰木日向さんの連載していた『できるかなってDTM

 

www.pixiv.net

 

まつだひかりさんのオフィシャルサイト

 

matsudahikari.tumblr.com

 

www.youtube.com

 

もっと自分の好きな部分を引用したりしたかったんですが、読んでしばらく経ったので、あれどこに書いてあったっけ??という状態なのでここで終わりにしますw