読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抗議一切受け付けません

お笑い・アイドル・格闘技など雑多なことを好きなように書いていくだけのブログです。

『太田上田』2017年3月2日(木)放送分

「お笑いコンテストの審査員をやりたいか?」という視聴者の質問から始まった興味深い話の多い週だったんですが、その中から3月2日の放送分を書き起こしてみました。

 

『太田上田』は中京テレビのスマホ用アプリのChuunなどで無料配信しているので、記事を読むよりはそちらでご覧いただくことをおすすめします。

 

 

太田「うちの事務所の後輩にも、あの、1回もネタ見せとかってアドバイスしたことないの。1回だけぇ、5番6番っていうのがね」

 

上田「はいはい」

 

太田「あれ、つまんなくてさぁ」

 

上田「まぁまぁ、もう辞めちゃったよねぇ?」

 

太田「もう辞めて、今作家なってんだけどぉ、『辞めます』っつーからぁ、『じゃあ、辞める前にお前ら1回ネタ見せろ』と、『俺ダメ出ししてやるから』つって、TBSの部屋借りてぇ、何時間?10時間ぐらいかかって、もぉ、ほんっとに、ダメ出しを、まぁ!こんな下手か?っていうぐらい下手でぇ」

 

上田「うーん」

 

太田「それを、1個1個クセを、『ここはこうで、こうでこうで』つって、さんっざんネタ見せしてぇ、ネタ見せっつうか、ダメ出しして、でも、結局ぅ、教えてもなんにもよくならなかったけどぉ」

 

上田「あぁ、そぉ、いや、でも最近のさぁ、俺らがライブでやってた時代ってさぁ、なんだろう?なんとなく方程式みたいのがあったじゃない?ここは例えば、こうきて、こうきて、こう落とすみたいなさぁ、そっから、それ以降さぁ、なんだろ?ほら、なんだろ、いきなり、例えば、アンガールズのコントでもさ、『なんとか、なんとか、ジャンジャカジャンジャン!』とか」

 

太田「うーん!」

 

上田「こんなのぉ、俺らの時代はまだ成立してなかったよね?」

 

太田「うんうん!うん!」

 

上田「いっぱい出てきた。でも、よく見たら、アンガールズもおもしれぇな、って」

 

太田「飛びネタみたいなねぇ」

 

上田「ねぇ、だから、確かに、ダメ出ししようがないっていうのもあるよねぇ、いや、これ確かに、客は笑うかもしんないから、別に笑わせりゃ勝ちだからねぇ」

 

太田「シュールってなっちゃうと、でもどうしようもない」

 

上田「うーん、言いようがないもんねぇ」

 

太田「言いようがない。シュールってなっちゃうとぉ、ハマりゃーハマるしぃ、難しいよー、お笑いの評価っーのはね」

 

上田「いや、だからぁ、あのぉ、ね、先輩とかで、『もうお前らがそれでいいって言うんだったらそれでいいよ。俺もうわからん』って言う人は気持ちいいもんね!」

 

太田「そぉ!だってぇ、やっぱりさぁ、あのぉ、ラママのリーダーとかさぁ」

 

上田「うーん!」

 

太田「やっぱりさぁ、うーん、なんっつーの、みんなぁ、ねぇ、終わってから反省会するけどさぁ、リーダーのぉ、あの、要するにアドバイスっていうのは、いまだに忘れらんないもん」

 

上田「おぉ!なんて言ってた?(笑)」

 

太田「『お前らやっぱりねぇ!なんでもいいけど、1つだけ特技をね、身に付けろ』と」

 

上田「うーん」

 

太田「『自分の売りだ!』」

 

上田「うーん」

 

太田「『ネタはどうでもいい!とにかく、自分の売りを、見つけろ』と『例えば、俺だったらコーラ早飲み』っつた時」w

 

上田「はっはっはははっは!(笑)」

 

太田「こいつダメだなと思った」w

 

上田「ひぃやっははっはは!(笑)」

 

太田「それが、正しいアドバイス

 

上田「いや、だって赤信号のリーダー、『いや、面白かったよ!ねっ、俺はよくわかんないけどさ!』って」

 

太田「そうそうそう!」

 

上田「最後に『俺はよくわかんないけどさ』って」

 

太田「『俺はよくわかんないけどいいんじゃない』って」

 

上田「付けてくれてたもんね、そんな真っ向否定しないし。ぶっちゃあさんも、そんな感じだったね」

 

太田「そうそう!」

 

上田「『俺わからんから、お前らのおもろいようにやれやぁ』って」

 

太田「そうそう」

 

 

月曜日の放送からの話の続きになっていて、翌日もぶっちゃあさんの話などに続いていきますので、最初の方にも書きましたが、記事を読んで興味を持ってもらえたら『太田上田』は無料配信があるので見てみてください。