読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抗議一切受け付けません

お笑い・アイドル・格闘技など雑多なことを好きなように書いていくだけのブログです。

『参枚目のタフガキ』

私立恵比寿中学の3rdアルバムに収録されている「参枚目のタフガキ」のこと、というよりほとんど編曲しているCMJKのことを書いていく記事になります。

 

 

「参枚目のタフガキ」は、Underworldのアルバムタイトル「弐番目のタフガキ」からきているのは知っている人ならわかるんじゃないでしょうか。

言うだけ野暮だけどw

 

いつの間にか表記が「2番目」から「弐番目」になってたのね。 

 

弐番目のタフガキ - Wikipedia

 

 

イントロを聴いて、多くの人がこの曲を思い出すのではないでしょうか。

 

www.youtube.com

 

まんまだもんなw

 

 

Underworldは「Born Slippy」が出たころはあまり聴いていなかったので、この曲もそんなに聴いたことがなく、どれくらいの再現度かとかはわからない部分もあったのですが、エビ中のを聴いた時は、日本の曲でこんな低域を強調した曲ってあったか!?と思いましたねw

 

同じ再生環境だと「Born Slippy」の方は狂ったような低音の出方をしています。

っていうか「Born Slippy」の方は低音がお腹に響きすぎて、体調悪いと聴いてるのシンドいw

 

 

 

 

確かこの曲のこととかも、CMJKはザ・インタビューズで色々答えていてたはずなので、そういうのも引用したいけど、ザ・インタビューズなくなっちゃたのよね…

 

質問の際に、ザ・インタビューズでのCMJKの回答から多く引用しているインタビューがあるので、それを貼っておきます。

 

realsound.jp

 

ハロプロなどのアイドルの楽曲制作についても話しているので、ハロヲタとしても楽しめました。

 

www.youtube.com

 

これ見た時は、90年代からずーっと好きなCMJKが、現在グループとしては一番好きなアンジュルムの曲の制作している場面を、不思議過ぎる気持ちで見ていました。

 

自分がハロプロ好きになってて、CMJKハロプロの曲を作ってるって、昔の自分に言っても信じる要素が全くないぞw

 

 

とにかくアンダー◯ールドは聴かないようにしながら作業しました。聴くと似過ぎちゃうので。1回も聴いてません(キリッ)

 

トラックダウンは、電気グルーヴCutemen、Confusionと、僕の是非アーティスト時代を通して最も多くの僕の作品をミックスしてくださっていた渡辺省二郎さんにお願いしました。
 
僕がオケを作って省二郎氏がミックスしたわけですから、なんちゃってナインティーズ・オマージュではなくて、ゴリゴリの本物のナインティーズ・クラブサウンドになってます(笑)

 

 

上にも書きましたが「Born Slippy」はあまり聴いたことがなくて、「参枚目のタフガキ」を聴いた時は、この曲のことも思い出してたいました。

 

www.youtube.com

 

Underworldとは関係ないんですが、自分がザ・インタビューズでCMJKエイフェックス・ツインのことを質問した時の回答で貼ってくれていた曲だったので、印象に残ってたってだけかもしれないですがw

 

アンダー◯ールドを聴かないで作ったナインティーズ・クラブサウンドってことで、そんな的外れでもなかったかな?w

 

 

ちなみにどうでもいいマニアック話しですが、僕は◯ンダーワールドよりも、やめちゃったダレン・エマーソンの方が好きで、タフガキの2番のリズムではダレンの名曲「H2O」で使用されているのと同じリズムマシンの同じプリセットサウンドを敢えて打ち込みました。気付いた人いたかな? 

 

KORGのER-1というリズムマシンですが、これ実機持ってるけど、プリセットを全部は聴いたことないんだよね…

 

余談ですが、ER-1は最近iPhoneのアプリで再現されていて、そのことを書いたことがあるので、その記事を貼っておきます。あまり関係ありませんが、お時間があって興味がある方は読んでみてください。

 

nepandbudo.hatenablog.com

 

 

 ここまで色々書いてきましたが、自分とCMJKのことは、CMJKがプロデュースしたキャイ~ンのCDを買ったことについての記事に書いたことがあるので、本当にお時間がある方は、ついでにでも読んでみてください。

 

nepandbudo.hatenablog.com