読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抗議一切受け付けません

お笑い・アイドル・格闘技など雑多なことを好きなように書いていくだけのブログです。

UFC Fight Nightに向けて ヨエル・ロメロ

2015年6月28日に行われるUFC Fight Nightにてメインイベントでリョート・マチダと対戦するヨエル・ロメロについて自分用にまとめていきます。

 

ヨエル・ロメロ - Wikipedia

 

www.sherdog.com

 

フリースタイルレスリングで、1999年の世界選手権優勝、2000年のシドニーオリンピックで銀メダルを獲得し総合格闘技に転向しています。

 

ヨエル・ロメロのハイライト動画です。

 

www.youtube.com

 

時間が短くて見やすかったので、この動画を貼りましたが、確認出来ただけでこの動画を含めてハイライト動画が5つありました。

 

見た試合について、簡単にまとめます。

 

ヨエル・ロメロ VS クリストファー・スタークス

 

(追記)この試合の動画は、UFC公式に(ここは強調しておきたいので)、興行のためのプロモーションでアップしてくれたので貼っておきます。

 

www.youtube.com

 

f:id:nepandbudo:20150622232329j:plain

 

見事なサイドキック。

 

f:id:nepandbudo:20150622232548j:plain

 

完璧な飛び膝蹴りでダウンを奪いパウンドで勝利しています。

 

f:id:nepandbudo:20150622233005j:plain

 

アマチュアで世界の舞台で活躍し輝かしい実績があるからか、華があるなと思いました。

 

f:id:nepandbudo:20150622233217j:plain

 

涙ぐんで喜んでいるとことろが愛嬌があって好きですw

 

この試合は短かったので、こういう形でまとめてみました。

他の試合はこういう形にならないかもしれませんが、

 

 

(2015年6月19日追記)

UFC Fight PassでUFCデビューしてからの全試合を見ました。

 

上記のクリフォード・スタークス戦以降、

 ホニー・マルケス戦は、ロングレンジからの左ストレートでダウンさせパウンドで勝利。

デレク・ブランソン戦は、グラウンドでの脇腹への肘打ちの連打で勝利。

ブラッド・タヴァレス戦は、7つのテイクダウンを奪い判定勝利。

ティム・ケネディ戦は、2ラウンドの最後にパンチの連打で追い詰められましたが、3ラウンドにパンチの連打からパウンドでの大逆転勝利。

 

という内容でした。

 

UFC公式が6月24日にアップしたヨエル・ロメロの動画です。

 

 

 

※必要があれば追記していきます。