読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抗議一切受け付けません

お笑い・アイドル・格闘技など雑多なことを好きなように書いていくだけのブログです。

『でんぱの神神』#34 「まねっこピンキー」

「北海道の地方都市から見たアイドルの風景 (でんぱ組.inc)」で、

札幌でのでんぱ組のライブに参加した時のことを書きました。

http://nepandbudo.hatenablog.com/entry/2013/11/28/130127

その中で、各会場ごとにメンバーのソロコーナーがあったことも書いています。

現時点で、テレ朝動画の動画が購入出来るコインが残っているので、

動画を購入し、各メンバーのソロコーナーの書き起こしていきたいと思います。

まずは、自分が見に行った札幌でのピンキーの「まねっこピンキー」から始めていきます。

 「まねっこピンキー」

成瀬瑛美)えいたそ「これからするお話は、私達6人がまだ出会う前の話。今日は、青い光が灯る話を、ご紹介しましょう」

(ピンキーと書いた白いお面を被って登場)

(藤崎彩音)ピンキー「まねっこピンキー、最初は言われてもピンときませんでした。私は、自分のことがよくわかりません。こんなこと言ったらビックリされるかもですが、思い出がよくわかりません。嬉しいとか、悲しいとか本当のことを言うと、区別がつきません。ただ、なんとなくわけきれない、不安みたいな何かがあるだけで、さびしい、かまってほしい、そういう感情だけが私の中にありました。今考えると、嫌なことも悲しいことも、気づかないふりをして、考えないようにしてたんだと思います。気がついたら、自分の気持ちをごまかしすぎて、本当の気持ちがわからなくなってました。

インタビューとか、自分のことを聞かれる時、とても苦しくなります。よく出来たねって、褒められたいから、なるべくいい返事をして喜んでもらいたくて、一生懸命答えるのですが、それが最近、誰かの言葉を借りていることに気づきました。

パパもママもコスプレイヤーで、一歳から始めたコスプレ、周りは大人ばかりで、すごいねーって、ずっと褒めてもらってました。

ママに褒めてほしくて、みんなに褒めてほしくて、その場しのぎでいい顔をするのがクセになってました。気がついたら、コスプレするみたいに求められるキャラクターを演じ分けてました。

ママ、今まで、ママに頼りっきりだったけど、

彩音は、自分の頭で考えて、自分の言葉で自分を表現したい。

(お面を取って)

私は、、忘れられない思い出がほしいです、、

自分の世界を、大切にしなかったら、、世界にも大切にしてもらえないから、、こうやって見守ってくれてる、みんなを、ちゃんと大切にしたいから、、私は精一杯、前を向いて、みんなを大切にしていきたいです。

だから、今日このライブ、絶対に、絶対に、忘れられないライブにしたいんで、、

 みんな!いっちょついてこーい!W.W.D!

(こんな感じで、残りのメンバーの分も書き起こしていきたいと思います。)