読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抗議一切受け付けません

お笑い・アイドル・格闘技など雑多なことを好きなように書いていくだけのブログです。

北海道の地方都市から見たアイドルの風景 (でんぱ組.inc)

でんぱ組.inc(以下、でんぱ組)を知ったのは、

サウンド&レコーディングマガジン(通称:サンレコ

という雑誌の2011年12月号での、「でんぱ組.inc リコンストラクスチャーズ」という企画でした。

http://www.rittor-music.co.jp/magazine/sr/11121012.html

簡単に言うと、付属のCDの、でんぱ組メンバーのボイスパーカッションなどの声素材を使って、作曲した曲の応募を募るという企画です。

そのCDには、2012年12月25日にでんぱ組を卒業した、

跡部みぅの声素材も収録されています。

でんぱ組に以前は、跡部みぅというメンバーをいたことは知ってるという方は、「前置き」と書いてある所まで飛ばしていただいて、かまいません。

こちらのリンク先の記事が、2011年9月26日なので、

サンレコが発売された時には、既に跡部みぅの卒業は決まっていたことになります。

https://musicman-net.com/artist/12336.html

でんぱ組の存在を知って、YouTubeで動画を見て、

一番いいなと思っていた曲が、「くちづけキボンヌ」でした。

でんぱ組.inc「くちづけキボンヌ」Full size - YouTube

卒業する跡部みぅを含めた、でんぱ組の5人のメンバーのチェキで構成されています。

跡部みぅが卒業したのと同時に、

でんぱ組には、2人の新メンバーが加入します。

でんぱ組.inc跡部みぅ卒業公演で新メンバー加入発表」(ナタリーより)

http://natalie.mu/music/news/61836

新しく加入したメンバーは、

最上もがと、藤咲綾音(ピンキー)です。

 

前置きが長くなりましたが、

ここまでが、僕が、「日本縦断アイドル乱舞」で、でんぱ組を初めて見るまでの経緯です。

北海道での、「日本縦断アイドル乱舞」は、

色々なグループのヲタ(あえて、この呼び方をします)が集まって、

自分たちの推しのグループの時以外は、最前を譲りあうという、

とても平和な現場でした。

その時、でんぱ組を見た感想は、「これがでんぱ組かぁ」「(キラキラチューンという曲で)変わった小芝居をしているなぁ」くらいでした。
【ハプニング映像!?】でんぱ組.inc「キラキラチューン」LIVE ver.@8.2 仙台 ...

その後に、でんぱ組のライブを見たのは、

2013年1月12日の「ワールドワイド☆でんぱツアー in 札幌」でした。

このツアーは、各会場ごとにメンバー1人のオリジナルコーナーがあり、

その後に、「W.W.D」を歌うというのが、1つのコンセプトになっていたようです。

札幌で、オリジナルコーナーを担当したのは、ピンキーでした。

「まねっこピンキー」というピンキーの独白です。

その時の様子は、テレ朝動画で配信されている、

「でんぱの神神」という有料ネット配信番組で一部見ることが出来ます。

http://mv.tv-asahi.co.jp/douga/dempa/67

(見てくださいという意味ではなく、「でんぱの神神」では、各地での他のメンバーのオリジナルコーナーも見ることが出来るので、ちょっとだけ雰囲気が味わえますよという意味で貼りました。「まねっこピンキー」は、少なくても10分以上はあったので、大幅に編集されています)

誰一人、声を出すこともない、出すことも出来ない、

アイドルとか関係なく一度も見たことのない光景でした。

「まねっこピンキー」の後に、「W.W.D」を歌います。


【生きる場所なんてどこにもなかった】でんぱ組.inc「W.W.D」Full ver. - YouTube

その時のピンキーのブログです。

http://ameblo.jp/ayane-pinky/entry-11447894068.html

最終日の「ワールド☆ワイドでんぱ組ツアー Zeep Tokyo」は、

一部で、神ライブと呼ばれ、Twitterなどでもよく話題になっていました。

この後も、今年に入って握手会とZepp Sapporoでの合同ライブに参加しましたが、握手会で、ピンキーに「札幌での、まねっこピンキーよかったです」と言ったところ、ピンキーは、「懐かしい(笑)」と言っていたので、まねっこピンキーは、もう過去のことなのかな、と勝手に思っています。

その後、「W.W.DⅡ」が発売されますが、

現時点において、「W.W.DⅡ」をライブで見たことがないので、

でんぱ組に関しては、ここまでとさせていただきます。

余談ですが、来年のでんぱ組のツアーの札幌公演には行く予定になっているので、どんなライブが見れるか、今から楽しみです。